九死に将来を得た人間の面構えは

とある機会に死にかけて生還してきたヒューマンって逢う機会がありました。
私自体が以前に死にかけて生還してきた方なので、死の淵から帰って来た人間の表情というものが感覚でそれとわかるようになりました。
死ぬかもしれないポイントはこういう何とも気がかりが何とかならないのかというのですが、その生還してきたヒューマンもそうでしたし、そういうことが弱いということがどんなにまぐれかを噛み締めて通常暮らしてある。
いのち長らえたら、憑き物が取れたように体躯も頭も軽くなります。その人もそういった軽やかな表情を通じていました。
どうにか助かったいのちだから生きていることにただ感謝して、通常をとことん生きようというように私はなりました。その人も口には出しませんが、極力生きようというやる気が体内から放たれていました。
方は生きているのではなく生かされているということをいうヒューマンがある。確かにそういった現状がいのちにはあります。
九死に運命を得た方は大まか明るく軽やかな表情を通じていて、方があれこれ、誰かといった誰かのお互いのお陰で皆で生きていて、そういったやる気が死にかけてはじめてわかったのかもしれないというくらいには、インスピレーションも空想もあまり賢いわけでもないとも意思が付きます。
そんな意味でいのちこそ宝だ。私もその人もそういうことを実感しているような表情になっていて明るく軽やかな表情をしているのであると思いました。http://realchoiceinillinois.org/

Comments closed